研究成果を少しだけ紹介|まがたまWORLD

研究成果を少しだけご紹介

私達の研究からわかった代表的な物のほんの一部を紹介します

勾玉は向きによってパワーが変わる

「勾玉の正面はどの向きですか?」

この疑問はインターネットでも検索で出てきます。 そして諸説・主張はバラバラで結論は収束していません。

ですが実証実験で私達はある事に気がついていました。


詳しくは勾玉の診断方法のページで解説をしていますが、このページを単独でも読めるように、ここでは簡単に効き目の基準だけ紹介をしておきます。

自分の体に良い物が触れると手足や指に入る力が強まります。

これで私達はどの石がお客様に合っているのかをテストしています。

筋反射5段階説明図

この様に筋力の強さをわかりやすくする為に5段階評価をしています。


一般的な勾玉のネックレスの向きで、よく効いている石(5段階評価の5)を手のひらに乗せ、筋反射テストを行いました。

勾玉平置き

確かに勾玉のパワーで筋力が上がっていました。 石を乗せないでテストをすると5段階評価の2程度の筋力が5になりました。
この向きでもパワーの伝わり方は○と判断できます。


次に少し効き目の弱い石(5段階評価の3)を、先端の尖った方が肌に触れる様にして同じテストを行うと…

勾玉正向き

少し弱かった石が、強い石と同等の筋力アップが認められました。(5段階評価の4~4.5程度)
この向きでの力の伝わり方は◎だと言って差し支えないと思います。 ただ石そのものがパワーアップするのか、石のパワーは同じだが伝導率が上がったのかは判断が難しい所であり、今後も実験・検証を続けて行こうと思っています。


最後にテスト1番目の効き目が強い石(5段階評価の5)を、さっきとは逆にしてテストをすると驚いた事に…

勾玉逆向き

平置きしても十分に効いていた石がパワーダウンしました。
5段階評価の2程度まで筋力が落ちたのです。


「この向きが正面である」や「これが正しい向きである」とは私達は主張をいたしません。 それが正解かどうかには余り関心がないのです。

ただ私達が追い求める事は

が持つ力をいかに効率よく人に流し込むか?

苦しみ・悲しみ・痛みを抱える人の心を和らげたり在るべき自己の実現にがんばる人をサポートできるアイテムとしてどうあるべきか?

なのです。
こちらの行動理念(フィロソフィー)のページも是非ご覧ください。

この勾玉の形状と向きが、身につける人の筋力を一番上げる事を知った時、私達は一般的なビーズやタンブルよりも勾玉を主力として扱う事を決めたのです。

石と革紐は相性が悪い

勾玉は三種の神器のひとつ

神々しさや、ありがたさから身につける方も増えており、私達の様に勾玉を販売するお店も一昔前よりは随分と増えています。
それゆえに多くの勾玉製品が出ていますが、よく見受けられるのが革紐を通してネックレスやブレスレット、キーホルダー等に仕立てている物が目立ちます。

ファッションのみで身に着ける方は問題なく楽しめると思います。

が、少しでもその石からパワーをもらいたい。
何らかの効果を期待したい場合には革を使って石を身につけない様に注意が必要です。
結論から先にお話しすると

本革は石の力を阻害してしまう

のです。
その事に気づいた当店の協力会社様でのエピソードです。


ある時男性のお客様が勾玉の購入にこられました。

診断と筋反射テストでの確認が終わった後にお客様は「僕が持っている石と同じ石だ」と…
すでにお持ちであれば新たに購入する必要もないですねとお話ししていると「今その石を持っているから効いているのか診て欲しい」とおっしゃるのです。
その石でテストをしてみると効いていない… 同じ種類の石なのになぜ?


この診断方法が確立されてきてからは初めての事象でした。
違いは店の石はむき出しで何もついておらず、お客様の石は革紐が通してありました。

許可を得て革紐を外してテストをすると元々持っていた石でもちゃんと筋力が上がりました。
かたやお店の石にその革紐を通すと効かなくなったのです。


それからは幾度となく石と色々な革の種類の組合せ、革ジャンを着るとどうなるか? バイク用の革ツナギだとどうなるか? 色んなケースで実証実験を繰り返しましたが結果は…

石に革が触れた途端に効かなくなる

このエピソードとその後の実証実験から私達の製品には本革を使用する事はなくなりました。
古代人が勾玉を身につける時に使ったであろうヘンプ紐(麻紐)か、合成皮革の紐を私達がおすすめする理由はここにあるのです。


それでは金属チェーンは大丈夫なのか?
プラチナ、金、銀、チタン、ステンレス等々多岐に渡りますが、アクセサリーに使用される素材は実験済みです。
その結果はブログカテゴリーの勾玉雑学診断/検証日誌にて紹介をして行く予定です。

言葉をかけるとパワーアップする

言葉や文字などには色々と不思議な現象があり、多くの方々が研究に勤しんでおられます。

昔から時々目にしたり聞いたりする事で、水にやさしい言葉をかけて凍らせると綺麗な結晶を形成し、悪い言葉をかけると汚い結晶になる。

サボテンに毎日声をかけていると元気よく育ち、反対に罵倒し続けると枯れてしまう。

勾玉に対して同じようにするとどうなるのか?

これに気づいたのも、もう随分と昔の話ですが実証実験をしています。


「勾玉は向きによってパワーが変わる」で簡単な説明をした、効いている・効いていないの5段階評価で、全然効いていない石(5段階評価の1程度)に、「ありがとう」と声をかけてから筋反射テストをすると、驚くべき事に5段階評価の少なくとも3以上には筋力が上がったのです。

これは私ひとりのソロテストで行ったので、先入観や先行意識などで反応が出たのではいけないと思い、この検証の事を何も知らせていないお客様でもテストをして見ました。

数十種類ある勾玉の中から、自分が絶対に選ばない嫌いな石をひとつ選んでもらいました。 筋反射テストをすると当然効いていません。(5段階評価の1以下)

次に自分で「ありがとう」と声をかけてもらってからもう一度テストをすると、やはり5段階評価の3以上にまで効くようになるのです。

協力していただいたお客様は「え!? 何で!? どうなってるの?」といたく驚かれました。 それはそうです。 事前にテストして結果は予測してはいましたが、最初は私もびっくりしましたから(笑) それから対面販売時にはこの言葉の不思議を体験していただいており、数えきれないほど繰り返しテストをしていますが、ずっとその効果は変わっていません。

でも面白い事に「ありがとう」の魔法の言葉は長くは続かず、すぐに元に戻る事もわかっています。


これが私達のかかげる「パワーストーンの力+勾玉の形状+言葉(音)」の一角を固める要素の発見でした。

そしてそれは単に言葉だけではなく、音という範囲にまで影響がある事がわかり、今でも私達はこの検証を続けているのです。


言葉でなく音楽を聴かせたらどうなるのか? クラシックやへヴィメタルでは違いは?

小川のせせらぎや、レーシングカーやジェット機の爆音ではどうなるのか?

私達の飽くなき探求心とその実証実験の結果は、これからもブログ記事で紹介をして行きます。