[ 勾玉雑学 ] 信じられない形をした天然石の種類 パイライト

[ 勾玉雑学 ] 信じられない形をした天然石の種類 パイライト

パイライトアイキャッチ

鉱石マニアの方以外は余り原石の塊を見る機会がないのではないでしょうか。 自分もこの稼業になる前は、加工されたブレス用のビーズや勾玉以外、浄化用のさざれや小さいクラスターしか見たことがありませんでした。 たまにパワーストーン屋さんで、でっかいアメシストのドームとかを見ても、「でっかいなぁ…綺麗だなぁ」、次に思うのは「高そう…いくらすんの?これ」発想が庶民ww

で、石屋さんに出入りするようになってたくさん原石が鎮座している中にふと目が止まった石が……真鍮のようにピカピカ、しかもパッシーンっと角の立った真っ四角の物体が石に埋まっている物でした。 お店の方に「これ綺麗に削ってありますよね。かっこいいオブジェになるなぁ」と言いました。 今にしてみれば苦笑して小馬鹿にされてもおかしくなかったなと思います。 自分素人丸出しww。 でも店主は「にぃちゃん、これ天然の形そのまんまやで」。 ……「!?うそ!?不自然すぎる…」からかわれてるのかと思うくらいでした。 そのやさしく教えてくれた店主(社長)からは、ずっと石の仕入れや石の事をご教授いただいて、今でも大変お世話になっております。 感謝(-人-)。

話は少しズレましたが、その石の名は…「パイライト」黄鉄鉱(おうてっこう)
硬い物で叩くと火花が出るらしいです。(自分はやったことありません)金色でピッカピカに光っているので、金と間違える人がいた事から「愚者の黄金」なんて名前がつけられてりしています。 他にはこのような4面体以外に、5面体や3面体もありますが、この4面体が一番インパクトがあります。 …勾玉にしちゃって可哀想な事したかなw 効き目としては、保護力が強く、危険を遠ざけ、邪悪な念を跳ね返す。 この種のパワーについては数あるパワーストーンの中でも随一と言われています。 そんなパイライトのパワーを勾玉で皆さんにも是非身に着けていただきたいですね。

自然界には完全な直線は存在しないと様々な文献にありますが、このパイライトはほぼ完ぺきな直線を描いているように見えます。自然って、石って、本当にすごいですね。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする