[ 診断/検証日誌 ] 高校球児のお守りに合う天然石の勾玉を検証する

[ 診断/検証日誌 ] 高校球児のお守りに合う天然石の勾玉を検証する

夏と言えば…色々と連想する物はたくさんありますが、高校野球をイメージする方も多いと思います。 一昨日母校の大阪府予選の試合を応援してきました。 ひたむきにプレーする高校球児の姿や、久しぶりに聞く母校の校歌、脳裏によみがえる自分が高校生だった頃、色々な事を思い出し、色々な意味で感慨深い一日でありました。 そんな帰り道でふと思ったのは…「高校球児にフォーカスして効きそうな勾玉の種類はなんだ?」でした。 早速今日検証をしてみる事にします。 最初にお断りしておかなければなりませんが、今回の検証はあくまでマクロ的な見地である事。血液型占いなどはABO式に分類した大きな枠組みでの判断ですが、大体傾向としては合っていたりします。同じように高校球児と言う大枠で考える検証です。


野球に限らずスポーツで必要な要素で、特に若い人、今回のように高校生とすれば
1.集中力をUP
2.もっと力があるのに実力を発揮しきれない
3.自信がイマイチ持てない
こんな所でしょうか… とすれば

集中力アップには、アメシスト、クォーツ、ベリル、ルビー
実力発揮には、ガーネット、ターコイズ、ロードナイト
自信を持つには、カイヤナイト

これらの石が該当しますが、少し種類も多めで絞りきれないのと、かなり個人によって効果の差が出てきてしまいそうです。 もっと多くの高校球児全体に共通で効きそうな石… 先程挙げた以外には精神的支柱になるお守りの要素を持った物。

それであれば
「パイライト」 「ヘマタイト」 「トルマリン」
この3つが最適でしょう。

●パイライト
不安解消、自信、決断力、勇気を与えると言われ、ネガティブなパワーを跳ね除ける

●ヘマタイト
古から勝利を導く石と言われ、過酷に体を使うアスリート達に行動を持続させる力を与える

●トルマリン
集中力や感受性を高め、精神、身体の活性化を図る

上記のように3つ共、アスリートのお守りとして効果が見込め+アルファの作用もあります。 これらの石をヘンプ紐(革紐は使わないで下さい。石のパワーを下げてしまいます。金属チェーンは肌を切創しないか心配です。)で首から下げるか、身に着ける事に抵抗のある方は、小さな巾着袋に入れ、お守りのようにバッグに着けて置くと良いと思います。 ただ少しでも強い効果を期待する為には、直接肌に触れるように身に着ける事を推奨します。

彼ら高校球児にとって、以後の人生でずっと思いに残るであろうこの期間。 力を出し切り、悔いの残らない夏にして欲しいですね。


勾玉を身に着けた野球選手の逸話

●地方大会決勝でホームランを打ち甲子園出場を果たした高校球児
儚い勾玉の最期でも少し触れていますが、ポジションはピッチャーで余りバッティングには自信のない選手でした。 ですが決勝で自らホームランを放ち見事に甲子園出場を果たしましたが、気に入って身に着けていた「カーネリアンの勾玉」は役目を終えたのか割れてしまいました。 この少年は勾玉をユニフォームの内側にポケットを作り身につけていました。

●個人タイトルも獲っている有名プロ野球選手
実名、球団、ポジション等、詳しくお話しできないのが残念です。 入団当初から思うような活躍ができた選手ではありませんでした。 しかし勾玉を身につけてから出場機会にも恵まれ、本来の実力を発揮してタイトルを手にしました。 誰もが知るアベレージヒッターです。 やはりプロスポーツ選手は周りが全てライバルなので、この選手は勾玉を着けている事を知られないようにしています。 気になる石の種類ですが「カイヤナイト」だそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする